1. 包茎治療体験談 クチコミ比較!
  2. 失敗しないクリニック選び

失敗しないクリニック選び 包茎治療体験談 クチコミ比較!

包茎手術を手がける医療機関には、泌尿器科から、包茎治療専門クリニック、美容整形外科など様々なものがある。包茎手術であるが故、やることは基本的に亀頭を覆っている包皮を取り除くことなのだが、手術の方法も仕上がり も、どこで行われるかによって違ってくる。 医療行為として泌尿器科で行われるものは、包茎による弊害を取り除くことを目的としているため、術後のことは特に配慮されないと思っておいた方がよい。その点、専門クリニックや美容整形外科などで行われるものは、包茎の 機能的な弊害を取り除くということよりも、メンタル面や術後の傷痕に重点をおいた手術をすることが多い。

なお、保険適用で行われるのは、日常生活に支障をきたす疾病と判断される真性包茎と一部のカントン包茎の治療の場合だけである。特に泌尿器科では病気治療として包茎治療を行うため、保険適用の範囲内での手術に限られてし まう。仕上がりの美しさを求めるべきものではない。 また、専門クリニックや美容整形外科で手術を受ける場合は、包茎をよく理解していて、泌尿器疾患や性病などのことも熟知した医師を選ぶようにしたい。包茎手術は見た目だけを改善すれば済むというものではないからである。

泌尿器科で行われる包茎手術

包茎手術には様々な方法があるが、泌尿器科では疾病とみなされる真性包茎やカントン包茎に対し、保険適用での手術がなされるのが普通である。そのため、手術方法は主に環状切開術か背面切開術となる。

【環状切開手術】
最もポピュラーな術式で、真性包茎などの保険適用手術はこの術式で行われることが多い。名前の示すとおり、余分な包皮を輪切りにして取り除き、縫合するだけの単純な手術法である。以前は、包皮小帯というペニスの裏側にある性感帯 の温存や、勃起時のペニスの大きさなどを考慮せずに行われていたため、性感度が損ねられるなどの弊害があったが、現在はそのようなことを考慮して、切除を最小限でとどめるようになってきている。 比較的失敗が少なく、手術時間が短いというメリットがあるが、手術後の傷が目立ちやすく、ツートンカラー現象と言われるペニスの変色が起こりやすいというデメリットもある。

【背面切開法】
元々は新生児や幼児などに対して行われていた包茎手術で、包皮口を縦に切開して、包皮がはがれやすくなるようにする手術である。新生児や幼児の場合、包皮口が広くなれば、ペニスが成長するに連れて自然と包皮が捲れるようになる。 包茎自体を直す手術というよりも、カントン包茎を仮性包茎にするための手術と捉えた方がよい。

専門クリニックおよび美容整形外科で行われる包茎手術

包茎治療専門のクリニックや美容整形外科などでは、様々な手術法が用いられている。代表的なものを挙げると次のようになる。

【亀頭直下埋没法】
美容整形外科で行われる包茎手術としては一般的なものである。ペニスの根元の包皮を半分ほど切り取って、亀頭の下で包皮がめくれた状態にして縫合するものだ。傷口がわかりにくく自然にむけたように仕上がる。 包皮にある性感帯を切らずに治療できるため、性感を損なわない人気の手術法である。ただし、切開する位置が勃起状態で決まるため、きちんと調べずに行うと取り返しの付かない事態になりかねない。

【根部環状切開術】
ペニスの根元部分を切開して取り除く方法のため手術痕が目立たない。包皮小帯などの性感帯を切り取る心配がなく、術後にツートンカラー現象といわれるペニスの変色も起こらない。しかし、包皮口には手を加えない術式のため、真性包 茎やカントン包茎に適用できない。

【ナチュラルピーリング法】
美容整形で行われる切らない包茎治療法である。仮性包茎の場合にのみ適用される。二重まぶた手術に使われる糸を縫いつけることで包皮にめくれた状態の癖をつけてしまうというものだ。切開することが無く、自然に仕上がる。 どの方法にもそれぞれよい点、悪い点があるため、個々の症状により適した方法を選ぶようにしたい。