1. 包茎治療体験談 クチコミ比較!
  2. 包茎豆知識

包茎豆知識 包茎治療体験談 クチコミ比較!

包茎の種類 包茎治療体験談 クチコミ比較!

包茎には大きく分けて3つのタイプがある。「仮性包茎」「真性包茎」「カントン包茎」の3タイプである。

【仮性包茎】
最も多いタイプの包茎で、日本人男性の6割が仮性包茎だと言われている。通常時は亀頭が包皮に覆われているが、自分の手で容易に皮をむき亀頭を露出することができる。勃起時は、自然と亀頭が露出するものもあれば、ほとんど露出しないものまで様々である。必ずしも治療の必要なタイプではないが、通常時は常に亀頭が包皮に覆われているため、不潔になりやすく、泌尿器系の疾患や性病にかかりやすくなる。また、仮性包茎の場合、正常に性行為を行うことは可能だが、通常時に露出していない亀頭が外部からの刺激に弱いため早漏になりやすいとも言われている。
しかし、仮性包茎は自然に解消して正常な状態になることもある。仮性包茎の状態が数年続いた後正常な状態になるということもあるため、急いで手術を受ける必要は無い。とは言え、泌尿器系疾患や性病のリスクを考えた場合、放置してよいとも言いかねる。なぜなら、自分が病気に感染するばかりでなく、性行為の相手となる女性にもその病気を移す可能性が高いからである。仮性包茎のレベルは放っておいて正常な状態になる軽いものから、様々なリスクを持った重症のものまで様々だ。自分の仮性包茎の状態がどの程度問題になるのか素人目には判断しにくい。不安に感じたら専門の医師と相談してみてもよいだろう。

【真性包茎】
通常時、勃起時に関わらず全く亀頭を露出させられない状態を言う。原因としては、包皮口が狭すぎる、包皮と亀頭が癒着してしまっている、もしくは、包皮が長すぎるために、亀頭が包皮口を押し広げようにも力をかけられないなどということが考えられる。通常時、勃起時ともに包皮に覆われた状態のため、残尿や恥垢がたまりやすく非常に不潔になりやすい。この状態を放置すると、包皮炎や亀頭炎を慢性的に発症し、癒着や硬化を強めることにもなる。しかし、包皮口が狭すぎる場合や癒着が生じている場合は、亀頭を露出させようとすると激しい痛みが生じるため、無理に包皮をむいて洗うのも危険がある。
また、正常であれば包皮口を押し広げて成長するはずの亀頭部分が正常な発育を阻害されるため、ペニスが先細りになったり、短小になったりすることが多い。既に成長期を終えている場合は、亀頭が大きくならず、包皮が短くなることもないため、放置していて真性包茎が治るということはない。更に、勃起時や挿入時に激痛が走りやすいため、性行為自体が困難となる場合も多い。 真性包茎は早期の治療が必要なタイプの包茎であるが、必ずしも手術での治療が必要というわけではない。矯正器具などを使って、自力で仮性包茎の状態にしながら治すことも可能である。あきらめる必要は無い。

【カントン包茎】
カントン包茎を漢字で書くと「嵌頓包茎」となる。嵌頓には、「ぴったりはまり込む」とか、「抜けなくなる」「戻らなくなる」などという意味がある。つまり、カントン包茎は、無理に亀頭を露出させようとして、狭い包皮口が亀頭のくびれ部分にはまったまま戻らなくなっている状態を言う。仮性包茎や真性包茎と同列に書かれていることが多いため、その中間の状態のように誤解している人が多いが、放置すると亀頭の血行が悪くなり、水ぶくれのように腫れたり、最悪の場合は壊死したりするような危険な状態を意味しているのだ。
勃起時にこの状態になると痛みや違和感によって気がつくのが普通であるが、中には症状が軽すぎて、まるで包皮口が狭い仮性包茎のような状態になっているために、自覚が乏しく、重大な事態になるまで見逃してしまう場合もある。このような場合、亀頭のくびれに包皮口が引っかかったままになっているため、常に亀頭が露出した状態になり、包茎ではないと思い込みやすいからだ。性行為の際に包皮が切れやすい場合などは、このケースである可能性がある。血液が一部分にとどまり続けると水ぶくれ状に腫れ、組織の壊死にまで進行することもあるため、早期の治療が必要である。

包茎による弊害 包茎治療体験談 クチコミ比較!

包茎による弊害は、見た目のデメリット、機能的なデメリット、衛生面でのデメリットなど様々なものがある。一般的に言われているのは次のようなことである。

①成長期に常に亀頭が包皮に覆われていたため、亀頭が正常に発育できず、先細りになりやすい。

②包皮が常に亀頭を覆っているために、性的に鈍感になりやすい。

③性的に鈍感になると、勃起不全になりやすい。

④亀頭が勃起時だけ露出するため、刺激に慣れていない亀頭が敏感になりすぎて、早漏になりやすい。

⑤少なくとも通常時は包皮に覆われた状態であるため、包皮と亀頭の間に恥垢と呼ばれるカスや残尿がたまりやすく、たまった恥垢が酸化して悪臭を発生しやすい

⑥包皮に覆われた状態は通気性が悪く、細菌類の温床になりやすいため、性病にかかりやすくなる。

⑦性行為の際に痛みを生じたり、コンプレックスから勃起不全になったりしやすい。

⑧包茎であることのコンプレックスから、異性に対して消極的になりがちである。

⑨真性包茎の場合は、コンドームがうまく密着せず、女性の膣内にコンドームが脱落することもある。

⑩真性包茎の場合は、射精しても包皮内に残り子宮に届かない精子が多いために、男性不妊の原因ともなる。